こんにちは。ピアノで遊べる子を育てる「おちピアノ教室」おちふみのです。

教室にエアコンがつきました!^^

北向きのレッスン室。春に引っ越してきて、リビングに比べてかなり涼しい。もしかしてこの部屋エアコンいらないかも?なんて思っていたら甘かった!!自分ひとりならずっといても平気だったけど6月に体験レッスンの子がきてくれたときは本当に暑かった・・・。ものすごい暑かった。ごめんなさい。私でもこんな暑い教室に通いたくない(笑)やっぱり今の時代にエアコン無しは無理ですね。

 

人間、暑すぎるたり寒すぎる部屋では集中できないので部屋の環境を整えることはとても大事です。エアコンをつけたことで私の仕事効率も上がってくれますように^^♪

 

レッスンで忙しくなる前に書類や手帳、情報の整理を完了させたい。めざせスッキリ!

 

こんにちは。ピアノで遊べる子を育てる「おちピアノ教室」おちふみのです。

「ピアノの先生って沢山いるけれどうちの子にはどんな先生がいいんだろう?」

こう思うおうちの方、多いんじゃないでしょうか?私も息子がバイオリンを習いたい!と言われたときにこう思いました。

「うちの子に合う先生、教室はどこだろう?」って。

 

でもちょっと待った!!

 

いざピアノの先生探しを始める前に、お子様と一緒に次の2つの事ををチェックしてください。

①どんな曲が弾けるようになりたいのか。ピアノを習うことでどうなりたいのか。

 

難しい曲、かっこいい曲が弾けるようになりたい!コンクールに出たい!(ピアニストの動画に憧れて、とか)

この場合はコンクールのエキスパート、音大受験、さらに上級の道を示してくれる先生を探してください。「コンクールの常連」といわれる先生がかならず地域にいらっしゃいます。この先生に教わる場合は保護者の方の熱意も必要です。コンクール前には通常レッスンのほかに補講が沢山つきます。先生のお宅で、さらに他の先生のお宅で、ホールを借りて合同練習など送迎の機会がずっと多くなります。コンクールは必須ではないので辞退することは可能だとは思いますが^^

とりあえずピアノを弾けるようになりたい。J-popとか知っている曲を弾いてみたい。保育園、幼稚園の先生、お友達や近所のお兄ちゃん、お姉ちゃん(=身近な人)みたいに弾けたらいいな。

この場合は真剣にレッスンに取り組んでいらっしゃる大多数の先生なら大丈夫です。

②ピアノを習うことは基本毎日自宅練習が必要である、ということ。

 

とっても大事な事です。特に小さい子は「家でも毎日練習する」ということを知らずに、または実感を伴わずに分かったつもりで始めてしまい、こんなはずじゃなかった、となってしまうことがあります。先生を探す前にぜひ【毎日〇〇をする】という経験をさせてみてください。おうちにピアノがあれば毎日ピアノの鍵盤を端から端まで順番に一つずつ音を出す、とか。ピアノがなければ玄関の靴をそろえる、など簡単なお手伝いでもいいです。毎日のがんばり表的なものがあるとわかりやすくていいですね。そうして初めて「毎日練習するとはどういう事か」を実感できます。そして、それでもピアノを習いたいか話し合ってください。ピアノが上達するかどうかはほとんど自宅練習にかかっているからです。先生は働きかける事はできますが、生徒の替わりに練習してあげることはできませんから。

 

これら2つの事を事前にチェックしておけばやみくもに先生を探さなくてもよくなりますし、レッスンを始めるにあたっての覚悟というか決意が固まりますね。【毎日〇〇をする】の部分でやる気具合も計れて、「ピアノ習いはじめたんだけど全然練習してくれないのよ~」というおうちの方の嘆きを減らすこともできます^^

 

ではあなた方親子にピッタリの先生探しに「行ってらっしゃ~い♪」

 

 

 

こんにちは。ピアノで遊べる子を育てる「おちピアノ教室」おちふみのです。

今回はお子様にピッタリ合うピアノの先生の選び方です。

 

お子様と先生との相性の見極める方法。

 

↑まず相手である先生のキャラがわからないと相性も何もわからないですよね。

 

「ピアノの先生」と聞くとみなさんそれぞれにイメージがあると思います。知的でスマートで美人で、とか(笑)でも実際はいろんなキャラクターの方がいらっしゃいます。私も、さっき挙げたイメージとはかけ離れたキャラです。エヘン。ピアノレッスンはマンツーマン、先生と生徒と1対1です。先生との相性次第でレッスンの進み方やピアノの習得に大きな差がでるのはお分かりだと思います。そして主に付添、送迎してくださるおうちの方との相性も意外と大事です。先生を全面的に信頼しているときに比べて苦手意識を持って接しているのでは先生との対話で食い違いが起こりやすいのです。同じことを話しても悪いように受け取られてしまうこともあります。

 

じゃあどうすれば先生のキャラがわかるのか。

 

それは・・・ピアノ教室の体験レッスンに行く。ただこれだけ。

 

ピアノの先生情報は口コミだったり先生紹介サイトや検索などいろいろありますね。しかしレッスン方針等はネットや口コミでもわかりますが「うちの子にあうかどうか」は実際に会ったりレッスンを受けてみないとわかりません。だからといってやみくもに体験レッスンに行くのも大変ですので事前に仕入れた情報から自分たちに合うだろうと思う先生を3人ほど選んですべて体験レッスンに行ってみてください。私と同じように無料体験レッスンをしている先生も多いと思いますので勇気をもって問い合わせてみてください。もちろん先生を選ぶときは毎週通えるかどうか、月謝やレッスンシステムは自分たちにあっているかどうかも判断材料です。

 

体験レッスンを受けるとわかりますが、それぞれの先生ならではの魅力があると思います。

 

そこでお子様にピッタリな先生を選ぶための次の最終質問をしてください。

 

 

「どの先生が一番好き?どの先生の言うことなら聞く?」

 

 

この先生の言うことなら聞こうかな♪って思える先生がお子様に合っている先生です。どんなに凄腕の先生だとしてもお子様が反抗していたら意味ないですよね。

 

 

もっといい方法があるかもしれませんがこれらは実際に私が経験したことです。レッスンを提供する側、される側両方の視点から導き出して私の場合は成功しています。先生探しで迷っている方はぜひ参考にしてみてくださいね♪

こんにちは。ピアノで遊べる子を育てる「おちピアノ教室」おちふみのです。

ピアノレッスンで身に付くことの4つ目です。

それは・・・・

音楽の知識が身に付く!

です。

 

当たり前じゃん!!と思うかたもいると思いますが。あ!石は投げないでくださいね^^;

私が言いたいのはこれにどんなお得なことがついてくるのか・・ということです。

 

ご存じのとおり、学校の科目には音楽があります。

 

授業で習うこと(筆記、知識、音楽用語)、歌、鍵盤ハーモニカ、リコーダーなどの実技テストなど。ピアノのレッスンで楽譜を読んだりリズムを勉強している子たちにとっては簡単すぎるものであります。本当に。小さい頃からスイミングに通ってる子が水泳の授業で余裕なのと同じです。

これは

最低でも得意科目を一つ確保できる!

 

ということです。学校で長時間過ごす子どもたちにとっては見過ごせない事だと思います。国語も算数もキライ、運動も苦手となると学校にあまり楽しみを見いだせなくなるかもしれません。でも得意科目が一つでもあればかなり変わってくるでしょう。自分に自信を持てる自己肯定感を上げることにもつながりますね。

中学生になると期末テストに音楽があります。中学の音楽の内容もピアノレッスンでほぼ習得済みです。音楽用語だってピアノっ子にとっては日常語です。本来なら音楽を勉強するであろう時間を他教科の勉強に使えるのです。テスト勉強において他の子よりも有利になるのは間違いないです。

 

偶然かもしれませんがレッスンにくる子達は学校の成績もいい子が多いです。楽しいスクールライフの陰にピアノレッスンあり!

 

もう一つ。

ピアノレッスンで身に付いた知識は他の楽器を演奏するときやカラオケにも使えます。

 

部活で吹奏楽部に入る、と。何の楽器を担当することになってもピアノでソルフェージュをやっていればかな~り有利です。楽譜を読む、というハードルはすでにクリアできていますからね♪フレーズのまとめ方なんかもレッスンで身についているはずです。バンド活動するにもコードを習得しているのですぐ馴染めると思います。

 

カラオケにおいても音程に合わせて声を出す、フレーズのまとめ方を練習しているので何の知識もなく歌っている人とはクオリティが違うはずです。

 

ピアノを習うって生きていく上では必要ないけれど、ピアノレッスンで楽しい人生をゲット出来るかもしれませんね。

こんにちは。ピアノで遊べる子を育てる「おちピアノ教室」おちふみのです。

 

ピアノを習うからこそ経験できることその4です。

自分が主役!発表会などのソロステージ♪。

ピアノを習うからこそ経験できることその3では親子ステージの話をしましたが

やはりピアノ発表会といえばソロステージですよね。

 

日常とは違うレディー、ジェントルマンに変身した自分だけが皆の注目を集める。

まさに主役になれる時間♪

緊張はするけれど、その何倍もの興奮と心地よさといったらもう!!

99%の子はまた出たい、と言いますよ^^

 

自分のソロステージを経験できる機会って他にあります?(注:私が知らないだけかもしれません。あったら教えてください。)

 

ピアノは基本、個人発表です。そして演奏が上手、下手という判定もありますがそれ以上に「〇〇ちゃんの弾き方が好き」という好き嫌いの判定もあります。誰かと比べて~だという上下一列判定ではないんですね。曲の難易度が全てじゃないし、自分の曲をどれくらい的確に表現しているか、伝わるかも大事です。よく言われる「私よりも上手な子がいっぱいいるからピアノ続けても意味がない」ではなくて、みなそれぞれ演奏にも個性があって(同じ曲を弾いても全然違う)楽しいです。その子にしかできないパフォーマンスが必ずあるんです。

 

なので誰かと比べての劣等感というのは感じにくい習い事です。誰のせいにもできない分、自分の成功がわかりやすいんです。ステージ上では自分だけ。自分の演目を最後までやり切る。「出来た!」自己肯定感がグッと上がりますね。やれば出来る、自分のチカラを信じられるきっかけにもなりますね。自己肯定感というのは今後の人生を大きく左右する感覚です。無条件に自分には価値がある、信じられる子と自分には価値がないからがむしゃらに頑張って認めてもらうしかないと思っている子。どちらが幸せな人生になるかは説明するまでもないですね。

 

学校でも勉強、スポーツなんかは優劣がはっきりしていることが多いです。その中で自信を失ってしまう子は確実に存在します。そういう子が自信を取り戻せる、特技といえるものができる。習い事にはそういう大切な側面もある、と私は思います。

 

おはようございます。ピアノで遊べる子を育てる「おちピアノ教室」おちふみのです。

 

4/1に行われた岡山教室での発表会の時の記念写真アルバムが出来たので生徒たちに直接手渡しするため週末を利用して岡山へ行ってきました。アルバムを配る間子ども達はそれぞれの友達と遊んで。新しいおうちは車のナビでは検索できず、スマホでほぼ道案内をしてもらいました。スマホ持っててよかった~^^;一日スマホとにらめっこしながらの家庭訪問でしたがみなさん変わりなく温かく迎えてくださってとてもうれしかったです。

 

ソロ演奏、集合写真、連弾写真(該当者のみ)の2枚or3枚組のアルバム。おうちの方たちも沢山撮影しているとは思いますがやはりプロの方が一等地から撮影した写真はありがたいですよね。写真をみると発表会当日の事が次々と思い浮かびます。

 

私は保護者の方からのリクエストでRADWINPSの「なんでもないや」をピアノで弾き語りさせていただきました。当日はバタバタしてて感想などゆっくり聞けなかったのですが、家庭訪問の際に「歌声に感動して涙が出た・・。」と何人かのお母様に言っていただけてビックリしました!ピアノ弾き語りでちゃんと歌うのは初めてだったので、演奏としてお届けしてよかったのか少し不安だったのです。カラオケで歌うのとは全然違いますからね(笑)弾き語り自体には反省点や良かった点も自己分析はしていましたが、観客に伝わるものが確かにあったのだと嬉しくなりました。初めての試みは勇気がいることだったけれど決行してよかったです。講師生活20年越えですが守りに入ることなく色々挑戦していきたいです。

 

 

おうちにアルバムをお届けした際、温かいおもてなしをみなさんありがとうございました。こんなスゴイお品も頂いてしまいました。

発表会の写真を元に描いてくださったとのこと!!!

絵が得意なお母様なのは知っていましたが改めて衝撃の画力です。アバターよりもこちらの方が私に近いです。この特徴のない顔をよくぞ・・・(嬉涙)そしてこの作品をために貴重な時間を使っていただいてありがとうございます。実妹がPCで絵を描くので、こういった作品を仕上げるにはものすごく時間がかかることは知っています。Cさん、本当にありがとうございます!!大切にレッスン室に飾らせてもらいました。画素数、サイズの制限で周りが全然見えないですが・・^^;

西条の地でも新しくチャレンジ!!自分のアンテナを信じて♪

おはようございます。ピアノで遊べる子を育てる「おちピアノ教室」おちふみのです。

ピアノを習うからこそ経験できること、その3です。

親子でステージに立てる!

発表会、お楽しみ会などチャンスは沢山!お揃いの衣装にも挑戦できる♪

 

ピアノは一人で弾くだけではありません。時には二人、三人、ほかの楽器と合わせてアンサンブルなど演奏形態は様々です。生徒同士で、先生と、おうちの方と、など一緒に演奏するのはとても楽しいです。

 

特に親子で共演というのは最高の思い出になります。私自身もバイオリンのピアノ伴奏として息子と共演しましたが、やはりステキな思い出になっています。「私、ピアノなんて弾いたことないんだけど・・」という方でも指一本から参加できる曲が沢山あるので大丈夫です。実際にそういう方でも練習から本番まですごく楽しそうでしたし、「やってよかった~」「またやってみてもいいかな//」とみなさん幸せそうにしていらっしゃいます。曲決め、衣装決めも含めて子どもたちもお母さんやお父さんと二人三脚で練習を重ねての共演。練習期間から親子の絆を確かめられる貴重な時間です。

 

そして迎えた本番。きっとステージ控えで緊張に震える自分とは違う、お子様の堂々とした姿に尊敬を感じてお子様を見る目も変わるはずです。本番前の子ども達、普段の10倍増しでカッコいいですよ♪

おはようございます。ピアノで遊べる子を育てる「おちピアノ教室」おちふみのです。

ピアノを習うからこそ経験出来ること、その2です。

ママ(パパ)を独り占めできる時間ができる!子どもと二人きりで向き合える。

兄弟姉妹がいる子ども達にとってママ、パパを独り占めできる時間はとても貴重なもの。

レッスンの間、その行き帰りの時間。自宅練習でのコーチ役の時間。

ピアノを通してお子様とじっくり関われる機会ができます。

普段なるべく平等に接しているつもりでもなかなか子どもたちには上手く伝わらないですよね。

ついつい手がかかる方の子を優先していまいがちになったりして・・・(汗)

 

ピアノの自宅練習の時や(他の子に留守番してもらえるのであれば)レッスンの間はもちろん行き帰りの時間などもお子様と二人きりの時間がもてます。反抗期真っ最中のお子様でも二人きりの時間なら普段話せない事も話してくれたりして。親も子どもと二人なら自分の気持ちを素直に伝えやすいのでは。

 

お子様が小さいときはもちろんですが、大きくなってからも親子関係を心地よいものにするための時間として活躍するはずです♪

 

おはようございます。ピアノで遊べる子を育てる「おちピアノ教室」おちふみのです。

私は絵本が大好きです。子どもに読んであげるのも好きです。

 

 

 

絵本タイムは私の膝の上が息子たちの指定席。

子どもと一緒に絵本の世界に入る時間は幸せですね^^

絵本の世界は何でもアリで。現実では起こらないであろう世界に入れる、というか。

音のない映画、という感じでしょうか。映画を見るのも好きですが絵本は少しの時間で何回でも好きな時に手軽に読めるのが魅力です。

 

 

 

 

今回のおススメ絵本はコレ!


みずたまりちゃん
表紙が偏光仕上げでとってもキレイ。「いっちにの・・・・」のリズミカルな掛け声でいろんなことが起こります。子どもって水たまりが大好きですよね。ピアノレッスンでもこのお話に効果音をつけたりして楽しんでいます。絵本に音楽をつけるって楽しいですよ♪

 

これからもおススメ絵本を紹介していきますね^^

こんにちは。ピアノで遊べる子を育てる「おちピアノ教室」おちふみのです。

今回はお水はしっかりこまめに飲みましょう、というお話です。

お水は「脳の栄養」。

お水を飲むと短期記憶力が約20%上がるといわれています。

考えがまとまらない、落ち着きがない、そんなときは「お水が足りていない」可能性大。

「今からがんばるぞ!」という時はお水を一口。

私の教室でもピアノレッスンやセッション前にはお水を飲んでもらうことにしています。

勉強やお仕事のお供に、こまめな補給で集中力を維持!

飲むときの温度は吸収されやすい常温がおススメですが、心地よく感じるお好きな温度で大丈夫です。

脳を緩めてリラックスさせる甘いものは勉強が終わってからどうぞ^^♪

 


こんなオシャレなウォーターサーバーがあるんですね!部屋の印象もグレードアップ♪


全国送料無料!(一部地域除く)女性や高齢者にもやさしい業界最軽量7キロの
使い捨てウォーターパック方式ですので、お水の交換もラクラクです。
使用後は小さく畳んでゴミ箱に捨てるだけですので、ボトルタイプのようにかさばらず、
回収の手間もありません。

西条はうちぬき水なので水には困りませんが、サーバーだと細かく温度設定ができるから赤ちゃんのミルクを作ったり子どもに熱くないココアを作ってあげるのに便利ですね。

PAGE TOP